EA-1 GRAND PRIX
大会レポート

トランプ大統領のコロナ陽性報道による波乱相場に直面!(第五週結果報告)

前週から第一グループの顔ぶれは変わらず

10月2日(金曜)、米国のトランプ大統領が新型コロナウィルスの検査で陽性だったことを表明し、相場には波乱が起こりましまた。その影響もあってか、EA-1グランプリのレース展開においては、上位陣の順位に入れ替わりがありました。

前週、首位に躍り出た「あさぽん・改」(木里ゆう)は、損失を出して3位まで後退。一方、着順を2位に落としていた「Yavival G」(Sagi Jungle)は、利益を微増させ、首位に返り咲き。3位につけていた「ポン円積立」(むらひで)は、損失を出したものの、しぶとく2位の座を離しませんでした。

トップ3は、前週と同じ顔ぶれでしたが、その後に続く第二グループは、入れ替わりが激しくなってきました。今回は、第二グループに焦点をあててみます。

4位を走るのは、「えんべろスペシャルwithコロナ」(まねきねこ)です。9月後半に大きめの損失を出すも、それ以外では安定して利益を積み重ねています。複利システムで運用するタイプということで、利益が積み重なった際の伸びに注目です。

5位は「ロンギヌスEURCHF EA-1 Edition」(わいりぃFX)。今大会で唯一、EURCHFにて高頻度かつ、片側最大20ポジションという超攻撃的なトレードを仕掛けます。相場の展開次第では、一気に第二グループを抜け出す可能性もあるでしょう。

6位は「Panda-Ace_USDJPY_M1」(Panda-)。第一回EA-1グランプリで5位に入賞した実力者です。USDJPYの1分足でスキャルし、損失を抑えながら、時には10pips超の利益を稼ぎ出します。

7位は「ogityan_T」(モコ)。EURUSDの5分足で短期トレンドフォローするタイプです。起伏の大きな損益曲線を描いており、連敗を喰らう局面がありながらも、この着順をキープしています。

8位は「Precious_Floating」(aboy)。GBPJPYでスイングトレードするタイプで、利確は150pipsを超えることも。ポンドに強烈なトレンドが発生すれば、一気に利益を稼ぎ出すポテンシャルを秘めています。

以上が、110万円以上の成績を出しているEAでした。なお、トップ10の成績は以下の通りです。

成績ランキング・2020年8月31日~10月2日集計(10月2日NY市場クローズ時点)

順位 EA名 開発者名 10/2クローズ時点
1位 Yavival G Sagi Jungle ¥1,370,381
2位 ポン円積立 むらひで ¥1,255,500
3位 あさぽん・改 木里ゆう ¥1,251,700
4位 えんべろスペシャルwithコロナ まねきねこ ¥1,166,745
5位 ロンギヌスEURCHF EA-1 Edition わいりぃFX ¥1,133,469
6位 Panda-Ace_USDJPY_M1 Panda- ¥1,128,550
7位 ogityan_T モコ ¥1,120,755
8位 Precious_Floating aboy ¥1,111,050
9位 Sunrise – DualLogic – のむしぃ ¥1,097,030
10位 Profit Capture Plan-A Kite ¥1,094,885

これから11月の米大統領選挙に向けて、慌ただしくなりそうな為替相場。今週は、どのEAが好成績をあげる展開となるのでしょうか?

気になるレース展開の最新情報は、下記URLでご確認いただけます。

第2回EA-1グランプリ参加EAの最新成績一覧